人工芝に虫は湧くのか?害虫が発生する原因や対策を紹介

人工芝を敷く時には、虫が湧かないか気になるものです。せっかくお金をかけても、虫が湧いてしまったら人工芝を気持ち良く使えないでしょう。虫の種類によっては、刺されて湿疹ができてしまうことも。

このような害虫の問題を気にされる方はとても多いですが、実は人工芝には虫が湧きにくいことをご存じでしょうか?天然芝に比べると、人工芝は虫が湧きにくく安心して使いやすいです。

ここでは、人工芝に虫が湧きにくい理由を解説しながら害虫が発生しやすくなる原因や対策についてお伝えしましょう。

人工芝は虫が湧きにくい

まずは、人工芝に虫が湧きにくい理由を紹介します。

虫のエサが少なくなる

虫は、植物や落ち葉・土の中に含まれる栄養分をエサにして生きています。そのため、エサが豊富にある環境には多くの虫が寄ってきます。

例えば、コガネムシやガの幼虫は芝をエサにしています。天然芝では、これらの幼虫が芝の葉・茎・根を食べてしまうので虫が繁殖したり芝が痛んだりする害虫トラブルが起こりがちです。

一方で、人工芝はポリエチレンやポリプロピレン・ナイロンといった素材で作られています。これらの素材は、人工的な成分で作られていることから虫もエサにすることができません。

このように、虫からすると人工芝はエサの少ない住みづらい環境であるため虫が湧きにくいのです。

水はけが良くなる

一口に「人工芝」と言ってもさまざまなタイプの商品がありますが、最近では「水抜き穴」のある人工芝が増えています。

「水抜き穴」とは、人工芝の基布(布地)部分に空けられた穴のことで、雨水や結露による水を逃がす機能があります。この「水抜き穴」があることで、人工芝は天然芝よりも水はけが良く水を好む虫が寄ってきづらいです。

例えば、ナメクジは水を好む代表的な虫です。ナメクジは、雨水をからだに吸収することで生きているため透水性の悪い芝に好んで寄ってきます。ナメクジのような水を好む虫が寄ってこない環境を作るには、透水性の良い人工芝を選ぶことが大切です。

日光が地面にあたらない

一般的に人工芝の下には防草シートを敷きますが、これには日光を地面にあたりづらくさせる役割があります。

防草シートの下になる地面には、日光がほとんどあたらないため雑草が成育しづらくなったり種子の発芽が抑制されたりします。雑草が生えてくると、当然それをエサにする虫の発生原因に。

つまり、日光が地面にあたりにくい人工芝は雑草が生えずらく虫も湧きにくいのです。

人工芝に虫が湧きやすくなる原因

基本的に虫が湧きにくい人工芝ですが、時には虫が発生してしまうこともあります。つづいて、人工芝に虫が湧きやすくなる原因を説明します。

水はけが悪い

もともと水はけの悪い場所に人工芝を敷くと、水がたまりやすく虫が湧く原因になります。

水はけの良し悪しは、土地の高さや土質が関係しています。例えば、田んぼがあった場所では、河川から水を引き込むために土地が低くなっており雨水が溜まりやすいです。また、庭の土質が粘土質や赤土質の場合には土が水を吸収しやすく水はけが悪くなります。

水はけが悪いと、雨水や芝の結露を好む虫が寄ってきやすいです。 雨が降った後に大きな水たまりができるのは水はけが悪い可能性が高いので、人工芝を敷く時にはしっかりとした水はけ対策をしましょう。

防草シートを敷いていない

人工芝の下に防草シートを敷かないと、雑草が生えてきてそれをエサにする虫が集まってきます。防草シートは、地面にあたる太陽の光を遮る役割があり雑草や害虫対策に欠かせない重要なアイテムです。

防草シートは、普通のビニールシートとは違い水が溜まりにくい構造をしています。また、シートには強い「貫通抵抗力」があるので、もしも地面から雑草が生えてきてもシートが突き破られる心配もありません。

なお、防草シートを敷く時には、シートとシートの継ぎ目に隙間ができないようにすることがポイントです。継ぎ目に隙間があるとそこから雑草が生えきてしまうので、防草シートを使う時には敷き方にも注意が必要です。

掃除をしない

人工芝を敷いた後は大きなメンテナンスが必要ありませんが、虫が湧きにくい環境を作るには定期的な掃除が大切です。

庭に木があったり、人工芝の上に鉢植えを置いていたりする場合には、落ち葉や鉢からこぼれた土の栄養を求めて虫が寄ってきます。また、人工芝にジュースをこぼしたり食べかすを残したりするとたくさんのアリが集まってきます。

虫の発生を防ぎ、長くきれいに使うためには定期的に人工芝の掃除をしましょう。

人工芝の害虫対策

では、虫が湧かないようにするためにはどのようが対策をすれば良いのでしょうか?ここからは、人工芝の害虫対策をお伝えしましょう。

下地材を敷く

人工芝に虫が湧きにくくするためには、下地材を敷くことがもっとも重要です。下地材とは人工芝の下に入れる砂で、これを敷くことで虫が湧きにくくなります。

一般的に、人工芝は下から順に「地面」「下地材(砂地)」「防草シート」「人工芝」と4層に分かれますが、下地材を使わなくても人工芝を敷くことができます。ただし、そうなると地面がむき出しの状態になるので土の栄養分をエサにする虫が湧きやすくなるのです。ですから、人工芝の虫が気になる方は必ず下地材を敷くようにしましょう。

下地材は、大きく分けると2種類あります。

ひとつは山砂というDIY向けの砂で、ホームセンターなどで購入することができます。山砂は、数ある砂の種類のなかでも水はけが良いのが特徴です。もうひとつは、人工芝専用のコンクリート材質の砂です。こちらは、山砂よりもさらに水はけが良い砂ですが一般の方には販売されていません。

もちろん山砂でも害虫対策をおこなうことができますが、より水はけが良かったり、虫が寄ってきづらかったりする環境を作りたい方は人工芝づくりを専門業者に依頼することをおすすめします。

防草シートを敷く

防草シートは、水はけの良さや遮光率の高いものを選びましょう。

防草シートの水はけが良ければ雨水による水たまりができずらく、ナメクジといった水を好む虫が寄ってきません。遮光率が高ければ地面に日光がほとんどあたらなくなるので、虫のエサとなる雑草の成育や種子の発芽を抑制できます。

また、防草シートは敷き方も大切です。防草シートを敷く地面に雑草が残っていたり、シートとシートがずれていたりすればそれによりできた隙間から新たな雑草が生えてきてしまいます。

虫が湧きにくい環境を作るには、「透水性」「遮光性」の高い防草シートを選び隙間ができないように敷きましょう。

掃除をする

人工芝を敷いた後には、定期的に掃除をしましょう。

屋外で使用する人工芝には、小さなゴミやほこり・落ち葉・砂・土などが溜まりやすいものです。小さなゴミやホコリは、コードレスの掃除機で吸ってしまうのが最も簡単な方法です。砂や土は、掃除機で吸い取ると故障の可能性があるのでホウキを使って掃くようにします。

一方で、ジュースやアルコールをこぼした時には水洗いが必要です。少量であれば濡れぞうきんで拭き取れますが、量が多い場合にはホースを使って水洗いをします。

人工芝の汚れは、虫の発生だけでなくカビなどの原因にもつながるので、汚れに気づいた時には速やかに掃除をしましょう。

人工芝には適切な害虫対策を!

人工芝は基本的に虫が湧きにくいですが、敷き方や管理の仕方により虫が発生しやすくなる場合があります。害虫対策のなかでも、下地材や防草シートは虫のエサとなる雑草の生育を抑制することができるので人工芝を敷く時には必ず活用するようにしましょう。

ただし、下地材や防草シートは専用の材料を選ぶ必要があったり、隙間なく敷かなければならなかったりと自分では材料選びや作業が難しいものです。

せっかくお金をかけたのに虫が湧いて使わずじまい…

このような事態に陥らないためには、専門業者に依頼してしっかりとした人工芝を施工してもらうと良いでしょう。

当サイトでは、おすすめの人工芝施工業者をランキング形式でまとめています。人工芝を敷く前に、まずは専門業者のサービス内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ人工芝施工業者ランキングを見る