ベランダに人工芝を敷くメリット・デメリットをそれぞれ解説

「ベランダに人工芝を敷いてみたいけど、施工やメンテナンスが面倒そう…」

「狭いベランダだから、満足のいく出来にならないんじゃないか?」

このように思う人は少なくありません。殺風景なベランダの印象を緑あふれる空間に変えるには、人工芝が最適なのですが、費用や手間も考慮しなければなりませんよね。

そこで今回は、ベランダに人工芝を敷くことのメリット・デメリットを踏まえつつ、おすすめの人工芝を紹介します。導入前に知っておきたい情報を網羅しているので参考にしてみてください。

ベランダにはジョイントタイプの人工芝を使う

ベランダに人工芝を敷く場合、最も一般的な方法がジョイントタイプの人工芝で施工する方法です。なぜかというと、ベランダのように狭いスペースなら設置が簡単なジョイントタイプの方が手間をかけずに綺麗に仕上がるからです。

もちろん、ロールタイプを選んでも構いませんが、ピンでしっかりと固定しておかないと浮き上がってしまったり、水はけが悪くて敷き直す必要が出てきたりします。

その点、ジョイントタイプは水はけがいい商品が多く、水が溜まりにくいのでカビや虫の発生を抑止できます。ベランダの形に合わせて細かく切って調整もできるので、狭いスペースに設置するには最適なのです。

ベランダに人工芝を敷くメリット

ベランダに人工芝を敷くと、下記のようにさまざまなメリットがあります。

  • 緑溢れる景観を楽しめる
  • 子どもやペットが遊べるスペースが作れる
  • メンテナンスなしでも綺麗に保てる

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

景観を楽しめる

人工芝は自然の緑をベランダ中に広げてくれるので、心から安らぐ景観を楽しむことができます。無機質なコンクリートのベランダに芝生があるだけでも雰囲気がガラリと変わるので、お手軽に開放感のあふれる気持ちの良い空間が作れるのです。

子どもやペットが遊ぶスペースに最適

フカフカした肌触りの人工芝なら裸足でも気持ちよくリラックスできるでしょう。また、人工芝によってはクッション性の高いものもあり、子どもが転んでも怪我をしにくいように衝撃を和らげてくれます。その場合、パイルが長い人工芝だと、よりクッション性が高いのでおすすめです。

メンテナンスが楽

人工芝は一度敷いてしまえばメンテナンスの手間がほとんどかかりません。天然芝の場合は芝刈りや肥料、雑草処理などのこまめなメンテナンスが欠かせませんが、ベランダに人工芝を敷く場合は全て不要です。人によってはこれが一番のメリットかもしれません。

ただし人工芝は一般的に10年程度で寿命が来るので、一定期間使用したら取り替えなければなりません。

ベランダに人工芝を敷くデメリット

次に人工芝を敷くことによるデメリットを解説します。

人工芝の購入費や施工費がかかる

人工芝を敷く場合は初期費用の出費がかさむので、ある程度の予算を準備する必要があります。人工芝自体は商品もよりますが、1㎡あたり5000〜8000円程度が目安となります。

この他にも、施工業者に依頼する場合は施工費が発生します。施工費も業者によりますが、1㎡あたり5000円近くかかるので、人工芝の価格と合わせると大きな出費になります。

ただし自分で敷く場合は施工費はかかりませんし、ジョイントタイプならそこまで難しい工程もないので、業者に依頼しなくても十分綺麗に仕上げることができます。今ではDIYとしてプロでなくても人工芝の施工に挑戦する人が多いのです。

水はけが悪いとカビが生えてしまう

人工芝の水はけが悪いと、雨などの水分でカビが生えてしまいます。これを防ぐために、透水タイプの水抜き穴が空いている人工芝もあり、ベランダの施工に適しています。

ただ、いくら水はけがいい人工芝でも、芝生の表面についた水滴は排水できないので、ベランダと人工芝の隙間が湿気ってしまいます。これも当然カビの原因になり、異臭や汚れにも発展します。梅雨時期や雨天時のメンテナンスはこまめに行いましょう。

風で飛ばされる等のリスク

ジョイントタイプの人工芝は、つなぎ目が浮かんで固定しにくいため、ロールタイプよりも風で飛んでしまうリスクが高いです。

専用のピンでしっかり固定するか、接着剤を使用して固定する方法もあります。ただし賃貸物件の場合は、接着剤の利用が禁止されているかもしれません。最悪の場合、修繕費や清掃費用を請求される可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

人工芝の手入れは何をすればいいのか

先ほど「人工芝はほとんど手間がかからない」という説明をしましたが、綺麗な状態を長持ちさせるには、こまめな手入れが欠かせません。具体的には下記のような手入れが必要です。

  • ホウキや掃除機でゴミを取り除く
  • 人工芝をブラッシングする

ホウキや掃除機でゴミを取り除く

人工芝の上に溜まったゴミの掃除がメンテナンスの基本となります。掃除機だとコードレスでもない限り、ベランダで利用するのが難しいと思うので、ホウキを使用するのがおすすめです。砂利などの細かいゴミで掃除機が故障する可能性もありますからね。

また、落ち葉は人工芝の上に落ちてもそのまま残るので、ホウキでささっと掃いて片付けましょう。

人工芝をブラッシングする

長く人工芝を使っていると、芝が立たずに寝てしまいます。特に重いものを乗せたりして負荷がかかっている箇所だけ芝が凹んでしまう、なんてことも珍しくありません。

そこでデッキブラシを使い、芝をブラッシングしてあげると、寝てしまった芝を立たせることができるのです。部分的に寝てしまっている芝だけでもブラッシングしてあげると、より見栄えが良くなります。

ベランダ用のおすすめ人工芝

ここからはベランダに最適な人工芝をご紹介します。

ニトリ ジョイント人工芝

ニトリが販売するジョイントマットタイプの人工芝はベランダに最適な商品です。こちらは水はけが良い透水性の高い人工芝なので、水分を芝の下の土台に流してくれます。9枚セットで価格も安価なので、手軽に人工芝を取り入れたい家庭に向いていますね。

若草ユニットEV ベランダジョイントマット

耐久性に優れたポリエチレン素材の人工芝です。色合いが鮮やかな若草色で、1枚190gという軽さなので設置も楽々行えます。見た目は完全に人工芝という感じですが、リーズナブルな価格で広いスペースを埋めることができます。コストパフォーマンス重視な人におすすめですね。

モダンデコ (MODERN DECO) 人工芝 ロール

こちらはモダンデコのロールタイプの人工芝です。芝丈の長さが複数用意されているので、用途に応じて選べます。芝自体が非常に柔らかくてフワフワしているので、裸足でも気持ちよく踏んで歩くことができるでしょう。お子さんやペットも安心して寝転がることができる人工芝です。

ベランダに人工芝を敷いて快適な空間を作ろう

以上がベランダに人工芝を敷くメリット・デメリットでした。ベランダは庭と比べて、施工自体そこまで難しくないと思うので、業者に依頼しなければ安価で導入することができます。

予算に合わせて人工芝を選べば、快適な空間を作ることができるので、迷っている方はこれを機に人工芝を検討してみてください。どうしても不安な人は、低価格なジョイント式で試しに敷いてみて、使用感を確かめてみるのも一つの手です。

水はけの条件やメンテナンスがどこまで必要かなど、人工芝を実際に敷いてみないと分からないことも多いので、少ない枚数からでも敷いてみてはいかがでしょうか。