【簡単】人工芝の継ぎ目を目立たせないように隠す簡単な方法とは?

「人工芝を敷いて庭を美しく保ちたい」という人も多いと思います。確かに人工芝によっては、天然の芝生と区別がつかないようなリアルな作りの商品も増えていますし、季節に左右されずに青々とした景観を楽しめるのも、人工芝の魅力です。

ただ、個人で施工するのであれば、気をつけなければいけないのが『継ぎ目の処理』です。なるべく継ぎ目を目立たないように人工芝を敷く技術が必要になります。

この継ぎ目は施工の技術レベルや人工芝の品質が低いと、せっかくの芝生も人工物感が拭えずに景観を損ねてしまいます。

そこで今回は、誰でも簡単にできる人工芝施工の継ぎ目を目立たせない工夫をご紹介します。これを読んで綺麗な庭を一から作り上げましょう。

人工芝は継ぎ目が目立つので対策が必要

人工芝にはジョイント式やロール式などの種類がありますが、どれも継ぎ目のケアを怠ってはいけません。綺麗な庭を作るのであれば、なるべく目立たせないように敷く必要がありますよね。

施工業者に依頼するのであれば安心ですが、個人でやるとなると、単に形を合わせて人工芝を敷くだけでは、継ぎ目が浮いてしまったり、部分的にズレて見栄えが悪くなったりします。

何度も施工を経験している人なら簡単でも、ほとんどの人が人工芝を敷く経験がないはずなので、正しい方法で継ぎ目対策ができていないのが本音です。

具体的には、人工芝をカットする段階と、施工する段階の2つで注意すべきポイントがあります。以下、段階別に分けて解説していきます。

人工芝を綺麗にカットすると継ぎ目が目立ちにくい

まず最初に気を付けたいのが、ジョイント部分が目立たないように綺麗に人工芝を切り分けることです。雑にハサミで切ってしまうと、パイル部分がスカスカになって見た目が不自然になりかねません。

まずは仮敷きをして、人工芝が必要な部分がどれくらいあるか計測してください。必要な部分をマジックペンでラインを引いておけば、カットする際に分かりやすいです。

ラインを引いたら、人工芝を裏返して、基布部分のみを縫い目に合わせてカットします。カッターでパイルを切らないように、少しだけ刃を出して切るのがコツです。

縫い目に沿って切ることで、斜めにズレたり、芝生がスカスカな部分が生じたりするリスクをなくすことができます。これでカットの段階は終了です。

仮敷きをして無駄のない割り付けを意識する

人工芝の割り付けとは、庭の形に合わせてつぎはぎが少ないように切り分けて配置することです。割り付けが雑だと、余計なカットと継ぎ目が生じてしまうので、見栄えが悪くなる原因にもなるんです。

ロール式の人工芝だと、横幅と長さが色々な種類があるので、なるべく継ぎ目が少なく済むサイズで選ぶことが重要。庭の面積が広い場合は、なるべく横幅が広い人工芝を選ぶと、ジョイントを減らすことができます。

ジョイントが少ないということは、それだけ施工の手間も少なく済みますし、継ぎ目も少なくなって目立ちにくくなります。

継ぎ目を簡単に隠すための3つの工夫

カットが無事に終わったら、継ぎ目を隠すための工夫を3つご紹介します。庭によって使えるかどうかは異なるので、できそうものを試してみてください。

粘着テープで芝同士を固定する

隣り合う人工芝同士を粘着テープでくっつけて固定します。これをすることにより、芝生が離れて隙間が出るのを防ぐことができ、継ぎ目も芝で埋まるので見栄えが良くなります。

やり方は、片方の人工芝の下に接着テープを貼っておきます。横幅の半分だけ貼っておいて、もう半分は隣り合う人工芝を接合する部分になります。このとき、人工芝用の接着テープがあるのでそれを使用してください。

次に養生テープでパイルの巻き込みを防ぐために、継ぎ合わせる部分のパイルを保護してあげてください。養生テープで継ぎ目の端っこがよく見えるようになり、施工しやすくなります。

もう片方の人工芝にも養生テープを貼ったら、下の接着テープに固定します。間隔は2mm程度開けて、基布がくっつきすぎないようにしておくのがポイントです。

砂を撒いて人工物っぽさをなくす

人工芝の施工で砂が使われるシーンは多いです。水はけを良くするために下地処理で砂を撒いておいたり、パイルが凹まないように砂を充填して負荷を軽減したりと、砂を用いることは多々あります。

場合によっては、継ぎ目を目立たないようにするために砂を使うこともあります。砂利がある庭に施工するなら、その庭にある砂利を人工芝にも撒くことで、ズレてめくれるのを防止することができます。

継ぎ目の隙間に砂利が埋まるので、継ぎ目を隠しつつ、人工物の芝生と天然の砂利で景観のバランスも取れそうです。自然の景観に近づけたいのであれば、砂利や砂を活用して人工物っぽさをなくすのも効果的でしょう。

固定ピンでズレを防ぐ

継ぎ目が目立つ原因に多いのが、施工してから一定期間経って、芝生がズレてしまって継ぎ目が浮き上がる状態です。

これは固定が甘いと起きてしまうトラブルで、粘着テープでジョイント部分を固定していたとしても不十分な可能性があります。

そこでさらに固定を補強するために、固定ピンであるU字釘を使って芝生を留めましょう施工環境が土であれば、人工芝専用の固定ピンで対応するのが最適です。

ジョイント部分を跨いで逆向きのU字になるようにピンを差し込んでから、トンカチで叩いて固定します。深く差し込みすぎると不自然に凹んでしまうので、少しだけ浮かせて固定するのがコツですね。

粘着テープと固定ピンそれぞれを併用することで、かなり頑丈に人工芝の補強ができ、継ぎ目が目立ちにくくなりますよ。

継ぎ目が目立ちにくい人工芝を選ぼう

施工だけでなく、人工芝選びにも継ぎ目対策が可能です。どれだけ高い技術でも、パイルが短くて密度が少ないと、どうしても継ぎ目が浮いて目立ってしまいます。

高密度・ロングパイルの人工芝がおすすめ

継ぎ目を目立たせたくない人は、リアル人工芝に多い特徴である、パイルの丈が長くて高密度の人工芝を選びましょう。

あまりにパイル丈が長いとすぐに芝葉が寝て倒れてしまうので、3cm程度がおすすめです。それだけ長ければ、ジョイント部分もパイルが覆うので、目立ちにくくなります。

長さはもちろん、人工芝の生え際がびっしり詰まっているような、高密度の方が継ぎ目を覆ってくれます。目安としては、1ロール30〜70kgがロールタイプの人工芝の重量なので、なるべく重い商品を選べば密度も期待できます。人工芝専門業者が扱う商品は、重量が大きくて高密度な人工芝が多いです。

景観にこだわるなら施工業者に依頼する方が確実

以上が人工芝の継ぎ目を隠す方法でした。工夫次第で人工芝の懸念点である継ぎ目問題は解消できます。

ただ、継ぎ目対策はまだまだ奥が深く、施工環境や人工芝の品質によって左右される要素が多いのも現実です。特に下地処理と品質は、施工業者が扱う専門機器や独自の人工芝を使う方が、より見栄えが良い仕上がりになります。

DIYで費用を抑えつつ、個人でできる範囲で継ぎ目を隠すように工夫するか、ある程度の費用を払ってでも美しい景観を求めるかは、予算次第で選ぶべきですね。

施工業者によって費用や対応してくれる施工も異なるので、気になる人は無料で見積もりだけでもしてみてはいかがでしょうか。専門業者が扱う人工芝を買うだけでも、継ぎ目が綺麗に目立たなくなるかもしれません。

おすすめの人工芝の施工業者に関しては、当サイトのランキングページを参考にしてみてくださいね。

おすすめ人工芝施工業者ランキングを見る