ホームセンターの人工芝とプロの業者の人工芝は何が違う?

カインズホームのようなホームセンターで販売されている、アイリスオーヤマ人工芝やカインズ人工芝を見て、プロの業者の人工芝と何が違うのだろう?と思ったことはありませんか?カインズホームやアイリスオーヤマなどホームセンターの人工芝とプロの人工芝の違い、どちらを選べば良いかという選び方のポイントをご紹介します。これを読めば、どちらの人工芝が自分に合うかが分かりますよ!

ホームセンターの人工芝の特徴は?

アイリスオーヤマ人工芝やカインズ人工芝など、ホームセンターで販売されている安価な人工芝は、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれのメーカーの人工芝の特徴を整理してみましょう。

アイリスオーヤマの人工芝の特徴

アイリスオーヤマの人工芝は、1m幅10~20m巻きのものが主流です。芝葉の色が3種類の混合なので天然芝に近いと評判です。芝の長さが約3cmあるため、施工したあとすぐは、手触りがふんわりとしています。耐用年数は3~5年程度ですが芝葉の形状に大きな特徴がないため、短期間で芝葉が倒れやすいのが残念なポイントです。

芝葉が倒れやすいと時間の経過とともに、人工芝の手触りが悪くなってしまいます。メーカー提示の年数をきれいな状態で使いたい場合は、芝葉を浮き上がらせるためにブラッシングをするなど、こまめなお手入れが必要になるでしょう。

カインズホームの人工芝の特徴

カインズホームのリアル人工芝は、1mまたは2m幅で1m巻き/4m巻き/10m巻きのロールの長さが3種類に分かれます。1m巻きもあるため、ごく限られたスペースで使いたい人には重宝します。芝の長さは短めの2cmまたは長めの3.5cmの2種類。芝葉がV字形状なので倒れにくいのが大きな特徴ですが、V字にすることで手触りがやや固くなる傾向があります。

メーカー提示の耐用年数は3~5年程度。芝葉にあまり厚みがないため、アイリスオーヤマほど短期間ではありませんが、やはり使用していると芝葉が寝てしまいます。メーカー提示の耐用年数の期間を使用したい場合には、ある程度定期的なお手入れが必要です。

プロの業者の人工芝の特徴は?

プロの業者の人工芝は、各業者によって特徴がさまざまに異なります。2019年9月に日本マーケティングリサーチ機構が行ったアンケートで、品質・満足度部門で1位を獲得した「日本人工芝計画」を例にあげると、ホームセンターの人工芝とは異なり、踏んでも芝葉が立ち上がりやすいひし形状で手触りが良く、シートへの植え付けも特殊なので、芝葉が抜けづらいのが特徴です。

日本人工芝計画に限らず、プロの業者の人工芝は耐用年数が7~10年と長いのが大きなポイントだと言えるでしょう。幅2m×10m巻きが主流で、広い庭でも継ぎ目が少なくて済みます。日本人工芝計画の人工芝には 芝の色が色あせしづらい特殊な加工が施され、施工後も長くきれいな状態が続きます。

日本人工芝計画では、「人工芝アフターサポートプラン」というケアサービスも整えられています。

ホームセンターとプロの専門業者の使い分け!4つのチェックポイント

庭に人工芝を施工したいときは、ホームセンターの人工芝にするか、プロの人工芝専門業者へ施工を依頼するか迷いますよね。迷ったときは、以下のポイントをチェックして判断してみてください。

(1)施工する場所の広さ

施工する場所が広ければ広いほど、人工芝の施工作業は大変なものになります。というのも、人工芝は単に土の上に人工芝のシートを広げれば良いというわけではなく、下地作りのために草取りや石の除去、転圧などの作業を行なう必要があるためです。下地作りは重労働になるため、施工する場所が広い場合、ホームセンターの人工芝をDIYで施工するのは難しくなります。

施工する場所が広ければプロの人工芝業者へ依頼がおすすめ。ベランダのように限られた狭いスペースであれば、カインズやアイリスオーヤマなどのホームセンターの人工芝でも可能になります。

(2)施工する場所の形状

人工芝は、真っ直ぐカットして施工できる場所ならDIYもしやすいでしょう。しかし、庭の形状は各家庭によってさまざまです。複雑な庭の形状の庭や、庭に置いているものが多い庭のときもあります。

施工する場所が狭くても、複雑な形状の庭や障害物が多い場合はDIYが難しくなります。ポイントは広さだけでなく、形状がシンプルで、何かを避けて人工芝を敷くのが少ないケースなら、DIYに挑戦するのもおすすめです。それ以外ならプロの技術にお願いすることをおすすめします。

(3)希望する耐用年数

アイリスオーヤマやカインズホームの人工芝のように、ホームセンターで市販されている人工芝は、日々のお手入れをしたうえで耐用年数が3~5年程度です。一方、日本人工芝計画のようなプロの専門業者の場合は耐用年数が約7~10年あり、2~3倍長いのが大きな違いです。専門業者の人工芝は、色あせしづらい特殊な加工が施されているため、長く使っても色のきれいな人工芝が楽しめますよ。

引っ越しの予定がある場合や、プロの業者へ依頼するまでの間の仮置き、近く住宅の購入予定がありそれまでの賃貸住宅での庭など、期間が数年程度に限られている場合は、ホームセンターの人工芝のほうが安上がりになることもあります。大変なお手入れなしで長くきれいな人工芝庭を楽しみたい場合は、断然プロの業者への依頼がおすすめです。

(4)アフターサービスが必要かどうか

ホームセンターの人工芝を自分で施工する場合は、当然ながらアフターサービスはありません。プロの人工芝施工業者に依頼する場合は、依頼する業者によってはアフターサービスがあるところもあります。前出の日本人工芝計画なら、「アフターサポートプラン」として月額料金(3,800円~)を支払えば年1回の定期メンテナンスが受けられ、破損時も無償で修理してもらえます。

長く楽しむ人工芝の庭は、人工芝を敷けば終わりというものではなく、「その後」を考えることが大切です。

人工芝の品質と施工後の対応がポイント

アイリスオーヤマやカインズホームのようなホームセンターの人工芝と、日本人工芝計画のようなプロの人工芝専門業者の使用する人工芝との違いは、芝葉の形状や色持ちの良さで大きな差がでます。手触り柔らかで長くきれいな人工芝が楽しみたいなら、プロの業者が断然おすすめ。施工後のアフターサービスが充実している業者を選べばさらに安心です。

人工芝の気になる点をまとめた記事はこちら
・庭の人工芝の寿命は何年?耐久性・耐用年数や劣化の原因を解説
・人工芝はどれくらいリアル?人工芝の種類とリアルさを解説

人工芝の特徴についてまとめた記事はこちら
・人工芝の特徴について