真夏の太陽で人工芝は溶けない?

faq

真夏の太陽の日差しは強烈で、人工芝が溶けるのでは?と心配になる方も少なくありません。人工芝は火気厳禁ですが、耐熱温度は高いため日差しで溶ける可能性は低いでしょう。ただし、いずれも表面温度は高くなるため、裸足で上に乗る時は、水を撒いて表面温度を下げてからの使用をおすすめします。ナイロン製は紫外線に弱いため屋外使用はおすすめしませんが、ポリエチレン製の耐熱温度は70~110℃程度、ポリプロピレン製なら100~140℃程度あります。