日陰にも人工芝は敷ける?

faq

天然芝と異なり日光を必要としないため、人工芝は日なた/日陰を問わずに敷けることが大きなメリットです。しかし、日陰は水の蒸発が遅いため、カビが生える可能性があり、日陰と日なたのどちらかに施工する場合は、日なたへの施工がおすすめです。日陰に施工する場合は、人工芝の選び方や下地の作り方に注意が必要なので、DIYで施工せず専門業者へ相談することをおすすめします。