CATEGORY

faq

  • 2022年1月20日

下地が緩むとどのような現象が起きますか?

人工芝の施工では、下地作りが重要なポイントになります。下地作りが甘く雨で地面が緩むと、地面に凸凹ができ人工芝が浮きあがってしまいます。人や物の重みで部分的に凹んでしまうほか、凹んだところに雨が溜まり、カビが発生する原因にもなります。人工芝のシートのつ […]

  • 2022年1月19日

水はけが悪く柔らかい地面でもDIYで下地が作れる?

通常、人工芝の施工業者は水はけが悪く柔らかい地面の場合は、水はけを良くするために、転圧の後に下地材を用いて土地の改良を行います。DIYで施工する場合は、排水性と保水性山砂を用いると良いでしょう。山砂はホームセンターで購入できます。地面を平らにしたあと […]

  • 2022年1月18日

人工芝の下地をDIYでする方法は?

人工芝の施工のなかでも難易度の高いのが下地作りです。DIYでするときは、まず、地面に生えている雑草を1本ずつ根から引き抜き、砂利や石なども除去します。できるだけ取り残しのないようにするのがポイント。次に、ベニヤ板やレンガなどで、平らに固く押し固めて完 […]

  • 2022年1月17日

人工芝の「下地」って何?

人工芝の施工でよく耳にする「下地」とは、人工芝のシートや防草シートを敷く前の地面のことです。下地作りでは、雑草を根からひとつずつ抜き取り、専用の機械で地面に圧力をかけて平らに押し固めます。下地は人工芝の寿命や仕上がりの美しさに大きく影響するため、人工 […]

  • 2022年1月16日

人工芝は収縮しますか?

人工芝は樹脂で作られているため、夏の高温下や冬の寒さなどで多少収縮することがあります。人工芝同士を張り合わせる部分は特に、収縮を考慮して施工しないときれいに仕上がりません。使用する環境や商品によって収縮度合いが異なるため、DIYで施工する予定の方は注 […]

  • 2022年1月15日

マンホールや飛び石、敷石などがある庭でも人工芝を施工できますか?

庭にマンホールや飛び石、敷石などの障害物がある場合でも、人工芝を施工できます。ただし、カットの技術や、障害物周辺から人工芝のシートが浮いて来ないようにする技術が必要になるため、DIYよりも施工業者への依頼が向いています。景観を気にする方は、マンホール […]

  • 2022年1月14日

ジョイントタイプとロールタイプの人工芝、どちらがおすすめ?

人工芝は、シート状に繋がったロールタイプと、小さなパネルをつなぎ合わせて使うジョイントタイプの2種類があります。ロールタイプの方がつなぎ目は少ないため、人工芝同士のつなぎ目が分かりにくく、施工範囲が広くてもきれいに仕上がります。ジョイントタイプは狭い […]

  • 2022年1月13日

DIYの人工芝のつなぎ目が目立つのはなぜ?

DIYで人工芝を施工したときの失敗例で多い、つなぎ目が目立つという問題。これは、人工芝を施工するときにロール同士の間隔が広すぎる、または狭すぎることが考えられます。人工芝のロールをくっつけるときは、芝葉の長さによって適切な間隔があります。ほかにも、芝 […]

  • 2022年1月12日

人工芝の施工費用には何が含まれる?

人工芝の施工を業者へ依頼したときは、人工芝のシート本体の料金+防草シートや下地材など人工芝以外の材料費+施工技術料がかかります。DIYで施工する場合は、人工芝の本体の料金と、その他の材料費だけで、技術料はかかりません。人工芝の施工業者の多くは、無料見 […]

  • 2022年1月12日

人工芝は雨のあと滑るって本当?

安価で水はけ用の穴が開いていないような人工芝であれば雨水がたまり滑りやすいケースもありますが、品質の良い人工芝には水はけ用の穴が開いているため、取り立てて滑る心配は不要です。ただし、底が平らな履物の場合は、濡れた芝葉についた水の逃げ場がなくなり、滑り […]