天然芝とどっちがお得?人工芝の値段を品質ごとに比較!

人工芝で手入れされた素敵な庭を演出する際に気になるのは値段です。人工芝は人工的に作られた芝で庭を隙間なく埋めていく必要があるため、ある程度自分の力で広がる天然芝よりも初期費用がかかります。また、リアルで本物みたいな人工芝は、安くて均一な人工芝に比べて値段が高いのが一般的です。キレイで長持ちさせるためには、自分で敷くよりも業者に頼むのが得策です。人工芝を導入するには、これらの値段について考えて予算を立てなくてはいけません。

この記事では、人工芝の値段を天然芝と比較、品質ごとの人工芝の値段の比較、業者に頼んだ時の値段についてご説明します。

人工芝と天然芝の値段

人工芝と天然芝はどちらがお得なのでしょうか。ここでは、人工芝と天然芝の値段を比較します。

人工芝の種類ごとの値段

人工芝には絨毯のように敷くロールタイプと、約30cm四方の正方形を繋ぎ合わせて埋めるジョイントタイプがあります。広い庭に敷く場合や業者に依頼する場合、ロールタイプを使用するのが一般的です。

ロールタイプは幅1mで、長さ1mにつき700円強~2000円弱。品質が良くなるほど価格は上がります。ジョイントタイプの値段は300円弱~450円強で、こちらも品質によって価格は変わります。

天然芝との値段の違い

天然芝は、人工芝の1/10の費用がかかると言われています。また、ある程度の広さまで自分で成長するため、庭をパネルで埋める必要がありません。結果として、実際にかかる初期費用は人工芝の1/10未満となるでしょう。

初期費用が安い代わりに、天然芝は水をあげたり、伸びすぎてきたらカットしてあげなくてはいけないため、ランニングコストがかかります。また、雑草を除去しなくてはいけなかったり、冬になると枯れてしまったり、と、芝を維持するためには、それ相応の努力をしなくてはいけません。人工芝なら、それらの努力を省略することができるため、費用以外の部分のコスト(時間や労力)もカットすることができるでしょう。

品質による人工芝の値段の違い

人工芝は品質によって値段が変わることは前述しました。ロールタイプなら1mあたり700円強~2000円弱ほどの差が、ジョイントタイプなら30cm四方で300円弱~450円強ほどの値段の差があります。この値段の差が生まれる品質にはどのような差があるのでしょうか。

一番安いものだと、不自然なほどの黄緑色をした芝目の短い人工芝になります。これだと、人工芝であることがひと目でわかってしまうため、素敵な庭を演出するのには向いていません。値段が高いものになると、芝目が長く、複数種類の芝を再現した芝糸を使用したものがあります。こちらは、ひと目で人工芝とわからないリアリティがあり、クッション性も豊かなので、手入れの行き届いた素敵な庭を演出することができるでしょう。

人工芝を業者に依頼する場合の値段

人工芝を広い面積に設置する場合、業者に依頼するのが一般的です。では、業者に依頼した場合、値段の相場はどのくらいになるのでしょうか。

人工芝を業者に設置してもらう場合、人工芝の費用の他に施工費がかかります。人工芝を設置する場合、雑草を除去したり、人工芝を敷く面を整地したり、水はけをよくしたりと、さまざまな作業が必要になります。そのため、材料費の他にこれらの作業の工賃がかかるのです。

施工費は、お店や地域によって変わりますが、大体1㎡あたり4000円くらいかかると考えられます。これに材料費がかかるため、1平方メートル当たり8000円前後を見込んでおくといいでしょう。

まとめ

人工芝は、品質や施工業者によって値段が変わりますが、天然芝に比べるて高い値段がかかることが見込まれます。とはいえ環境に関係なく、メンテナンスもほとんどいらないため、導入したい方は1平方メートル当たり8000円前後の費用がかかると考えるといいでしょう。

また、自身で設置すると安く済ませることができますが、除草や整地、水はけ対策などを自分でやらなくてはいけないので、広範囲の敷地に人工芝を敷く場合、業者に依頼することをおすすめします。施行業者は、おすすめ人工芝施行業者ランキングで紹介しています。比較・検討してみてください。

天然芝と人工芝を比較した記事はこちら
・違いは?どっちがいいの?天然芝と人工芝|庭を芝生できれいにしたい

人工芝の特徴についてまとめた記事はこちら
・人工芝の特徴について