東京で人工芝を敷くメリットは?

タイトルの画像

マンションやアパートなどの集合住宅でも、美しく手入れされた庭でガーデニングがしたいと考える方は多いでしょう。特に東京のような地価が高い地域では、集合住宅に住まざるをえず、ベランダでガーデニングをするしかありません。芝生敷きの素敵な庭でガーデニングなど、夢のまた夢です。

そんなあなたにおすすめなのが、人工芝です。人工芝は土がなくても設置できるため、集合住宅のベランダや自宅の屋上など、土を盛ることが難しい環境であっても手入れされた芝生敷きの庭を再現することが可能です。この記事では、東京にお住まいの方に人工芝の魅力をご紹介します。

東京で人工芝を使うメリット

メリットの画像

東京で人工芝を使うメリットは、なんといっても狭いベランダにも設置できる点でしょう。東京のような土地ではガーデニングをベランダでおこなっているという方も多いかと思います。しかし、ベランダでのガーデニングとなると、コンクリートむき出しの無機質な印象になってしまいがちです。そこで、ベランダに人工芝を敷き、その上で植物を育ててみてはいかがでしょうか。ベランダの印象がグッと変わって、おしゃれな庭を演出することができますよ。

屋上など、広いスペースが利用できる場合も、人工芝がおすすめです。走り回れるようなスペースがある場合、人工芝を敷くだけで、転んだ時の怪我のリスクが激減します。お子様と広いスペースで走り回りたいなら、検討してみてはいかがでしょうか。また、ゴルフの練習場やペットと遊べるスペースにもオススメですよ。

東京で人工芝を敷く場合の値段

コストを表す画像

人工芝は、ただ設置すればいいというわけではありません。コンクリートの床面であっても、凹凸や小石をできるだけ除去しないと、見栄えが悪くなったり、劣化が早くなる他、怪我のリスクも考えられます。そこで、初めて人工芝を敷くのなら業者にお願いするのがいいでしょう。

人工芝の業者は、地域によって相場が変わってきます。東京における人工芝張りの値段相場は、10平方メートルあたり25000~40000円です。10平方メートル未満の場合、単純な比例計算ができないため、まずは見積もりを取ってみるといいでしょう。

まとめ

東京という土地の場合、コンクリート敷きの無機質なベランダや屋上になってしまいがちです。とはいえ、ベランダや屋上には土を盛ることが難しく、天然芝を張るのは相応の手間とお金がかかるでしょう。そこで、手入れされた美しい庭を演出したり、走り回って遊んだりしたい場合は、人工芝がおすすめです。

また、自身で設置すると安く済ませることができますが、除草や整地、水はけ対策などを自分でやらなくてはいけないので、広範囲の敷地に人工芝を敷く場合、業者に依頼することをおすすめします。人気ナンバーワンの日本人工芝計画は、関東一円で施行可能なので、ぜひ検討してみてください。